広告 Canva

Canvaで手書き♪ペン・マウス・指で書くには?

  1. HOME >
  2. ブログMONO >
  3. Canva >

Canvaで手書き♪ペン・マウス・指で書くには?

シロオニ

Twitter手書き画像を投稿しているシロオニ(@shirooni_m)と申します
(大谷翔平選手に憧れて非利き手で描画中)

Canvaを手書きツールとして使っています
この記事ではそんなCanva手書き機能の魅力について詳しく解説します

Canvaで手書きするなら【描画機能】

出典:Canva

Canvaユーザーは近年増えています。増加理由は、デザイン知識がなくても豊富なテンプレート(既成デザイン)を使って無料でデザインが出来る手軽さ。

パソコン・iPadはもちろん、スマホはアプリをダウンロードすればどこでもデザイン可能です。

デザインは海外テイストで、丸っこい、カラフルなカラーリングが特徴です。最近のインスタやブログ画像で使われているのをよく見かけます。

Canva(Canva Pro)を使ってアイキャッチ画像を作ったよ〜

シロオニ

Canva(Canva Pro)は以下の記事の中でご紹介しています。

Canva Proで作るスマホ待ち受け画像
【実話】携帯番号占い下4桁が悪い場合の脱出方法の記事のアイキャッチ画像
【実話】携帯番号占い下4桁が悪い場合の開運法

電話番号を選ぶ手順へSKIP 携帯番号占いをされたことはありますか?琉球占い師・シウマさんのオリジナル占術です。携帯下4桁の合計数字から吉凶を占断する占い。 携帯番号占いで自分の携帯下4桁を調べてみる ...

【実話】携帯番号占い下4桁が悪い場合の脱出方法の記事のアイキャッチ画像
Picture painted by Canva

こちらのアイキャッチ画像のシロオニ以外はテンプレート(既成デザイン)を使っています。簡単にかわいいデザインが作れました。

シロオニ部分のみ手書きです。手書きにはCanva【描画機能】を使っています。【描画機能】とはCanvaの中のアプリのことです。

Canvaテンプレート(既成デザイン)は使える!とあって有名ですが、【描画機能】はあまり知られていません。

それでは【描画機能】について詳しく解説します。

【描画機能】が使える電化製品はどれ?

シロオニ

Canvaの手書き【描画機能】は、残念ながら使える電化製品が限られています

(※以下情報はCanvaホームページより)

スマホ

スマホも使えるようになりました!

アプリ・ブラウザ両方とも使用可。(2023年3月24日より仕様が変更になりました)

iPad

iPadは使えます!

アプリ・ブラウザ両方とも使用可。(2023年3月24日より仕様が変更になりました)

パソコン

パソコンは使えます!

(パソコンでの使用はブラウザからのアクセスとなります)

Canvaで絵を描く・文字を書くには?

シロオニ(@shirooni_m)は冒頭でも触れた通りTwitterでほぼ毎日、非利き手で作った手書き画像を投稿しています。ほぼ毎日なので短時間完成を目指したシンプルなものです。

では早速【描画機能】の使い方をご説明します。

Canva【描画機能】はどこ?

描画機能の紹介画像
出典:Canva

【描画機能】アプリを使用するには、テンプレート(既成デザイン)や画像白紙のベースに使用することができます。

こちらでは白紙のベースから手書きするやり方を解説します。

Canvaでは、ポスター名刺Instagramの投稿‥など、様々な規格に合うサイズが用意されています。

ここでは例としてA4文書のサイズで作成します。(※ホワイトボードなど、一部【描画機能】が使えない規格サイズあり)

【描画機能】の手順

A4文書をタップする
描画機能の手順・A4文書

(※ブラウザからの画面です)

Canvaにアクセス→ホームA4文書

アプリをタップ
描画機能の手順・1アプリ、2描画機能をタップする

左端のツールバーの最下部にある、アプリをタップ

描画機能をタップ

アプリをタップすると、右側にCanvaのアプリが表示されます。その中の描画機能というアプリのアイコンをタップしてください

描画機能のアイコンが表示されない場合は↓

↑上記検索窓に『描画機能』と打ち込んで検索すると、描画機能のアプリが検索結果に表示されます。表示されましたら使用するをタップしてください。

描画する
描画機能の手順・1ブラシの種類、2サイズ、3透明度、4色を選択する

これで描画できる状態です。描画するには画面左側にある、①ブラシの種類・②サイズ(ペンの太さ)・③透明度(インクの濃度)・④(インクの色/カラーブロックから)をそれぞれ選択してください。

次は、ブラシの種類について解説します。

ブラシの種類

ペン

Canvaブラシの種類・ペン
ペン/サイズ50/透明度100%

マーカー

Canvaブラシの種類・マーカー
マーカー/サイズ50/透明度100%

ペンとマーカーの仕上がりの違いはほぼない‥
書いた感覚の違いとしてはあるかな?サイズを細くして書くと、ペンの方は微細な動きに反応してくれる。マーカーは若干反応が遅れて書かれる感じ‥
あくまでオニの感想なので、実際はCanva描画機能を体感してみてね!

シロオニ
Canvaペンで書いてみたモジャモジャ
ペン/サイズ15/透明度100%
Canvaマーカーで書いてみたモジャモジャ
マーカー/サイズ15/透明度100%

上記のような、サイズ15程度で書いた際の感覚の違いです。こちらも仕上がりの違いはわからないですね(汗)

おそらく・・・

ペンとマーカーの違い

  • 細かく書きたい場合→ペン
  • 太く大きく書きたい場合→マーカー

小さい文字やイラストを書く場合は、微細なペンの動きにも反応してくれるペンの方が描きやすいと思われます。

シロオニは画力が乏しいので例をお見せできませんが、絵の上手い方はぜひ細いサイズのペンで描画にチャレンジしてみてください。

グローペン

Canvaブラシの種類・グローペン
グローペン/サイズ50/透明度100%

一筆書きで書くとペンの重なりに発光の影が入りません。二筆目で重ねると発光の影部分が重なります。

グローペンを使って書いてみました

Canvaグローペンで書いてみた文字
グローペン/透明度100%

ハイライター

Canvaペンの種類・ハイライター
ハイライター/サイズ50/上・透明度50%/下・透明度100%

上記の透明度を下げたペンは、一筆書き部分は、透けずに描画されます。二筆目で重ねると透過された部分が重なって、色の濃淡が出ます。

ハイライター以外のペンでも同様の表現が可能です。

ハイライターを使って描いてみました

Canvaのハイライターで書いてみたイラスト文字
ハイライター/透明度100%
シロオニ

非利き手で書いているため、歪さはご勘弁ください

次はいろんなモノで書いたものをご紹介☟

描画機能・マウスで描いてみたイラスト
Picture painted by Canva

マウスはパソコン付属のApple Magic Mouseを使いました。

マウスは通常使う通り、パソコンと繋げた状態でドラッグして書きます。
図の通り、丸を書こうとするとカクカク気味になります。

ペン編

描画機能・ペンで描いてみたイラスト文字
Picture painted by Canva

ペンはWacomのIntuos Pro Smallの板タブレットとペンを使いました。大半はこのペンを使って書いています。

こちらは無線・有線どちらも対応可能です。パソコンと繋いだ状態で、ペンを板タブレット上で動かして書きます。

他の描画ソフトと比べると、Canva描画機能はサラッとツルッと書ける感覚です。

余談ですが、価格が当時購入額より上がっている‥。物価高ですね。

指編

描画機能・指で描いてみたイラスト文字
Picture painted by Canva

iPadを使って指で書きました!(家族のを拝借)

描画機能のブラシを選択し、Canvaのページ部分を指で触れます。触れた部分にそのまま線が描かれます。ちょっと反応が遅れて線を引く感じなので、慣れるのに時間がかかりそうです。こちらの画像は初めてiPadに指を使って書いたんですが、目の位置など思ったところに線が載らず描くのに手こずりました(汗)

タッチパッド編

描画機能・タッチパッドで描いてみたイラスト文字
Picture painted by Canva

MacBook Pro13インチ(2016年か2017年式)のノートパソコンのタッチパッドで書いてみました。

マウス操作を指が代わってやっている感じ。タッチパッドにタッチするのではなく、クリックの状態で書きます。カチッとクリック音がしたら指を離さず、ドラッグしながら書く。今までで一番描くのが重かったです。軽い力では線が思うように動かせないため、強めの力で指でトラックパッドをなぞります。
MacBook以外のノートパソコンは軽く書けるのでしょうか‥?オニのタッチパネルで毎日書いたら、指の腱鞘炎になりそう‥!

絵が苦手でも超簡単!Canvaの手書き方法

Canva Pro描画機能で描いたイラスト文字
Picture painted by Canva

絵が苦手だからテンプレート使うわ、っていうそこのあなた!Canvaで簡単に手書きする方法をご紹介します。

Canva・塗り重ね編

以下の1〜10の手順を1つ終える度に、『✔︎完了』をタップされることをおすすめします。

『✔︎完了』毎にレイヤーが作られるので、レイヤーを入れ替えたり修正がしやすいです。
でも、消しゴム描画中にしか消すことができません。

『✔︎完了』を押してしまうと消しゴムで消すことができず、レイヤーごと消去するしかできませんのでご注意ください。

1.白紙をタップ→検索窓右の虹色のボタンをタップ→背景色を選択(今回は虹色のパレットボタンでオリジナル緑を作成)
2.ハイライター/透明度50%/黄色で線を重ねる
3.ハイライター/透明度50%/緑色→オレンジ色の線を重ねる
4.ペン/サイズ100/透明度100%で白い楕円をかく
5.ペン/透明度100%/黄色でツノをかく
6.ペン/透明度100%/黒色でグルグルかく
7.ペン/透明度100%/黒色で三角と口をかく
8.ペン/透明度100%/ピンク色でほっぺを塗る
9.ペン/透明度100%/白色で耳を塗る
Canva Pro描画機能で塗り重ねて描いたイラスト
10.ペン/透明度100%/黒色で目をかけば、シロオニの完成〜!

Canva・図形使う編

塗り重ねよりもさらに簡単な方法、図形とテンプレート(既成デザイン)で作るイラストを解説します。

1.図形の□(四角)を青色にして画面いっぱいに拡大する
2.①素材をタップ→②Cute Colorful Zigzagをタップ
3.雷・台形・花・うずまきの素材をタップ(スワイプすると見つかります)
4.それらを四隅に配置(色はお好みでOK)
5.素材→線と図形の◯(丸)を白にし、↕︎(バー)を楕円になるように動かす
6.線と図形の線と図形の◯(丸)を2つ楕円の両端に配置する(耳)
7.線と図形の△(三角)を2つ黄色にして楕円の上に配置
8.線と図形の◯(丸)△(三角)ー(線)を図の様に配置
9.線と図形の[雲]の図形を3つ重ねていく(1つは真ん中に拡大して配置)
Canva Pro描画機能で図形を使って描いたイラスト
10.図形シロオニの完成〜!

Canva手書き画像・SNS投稿

Twitterではほぼ毎日、いろいろと投稿しています

詳しくは Twitterアカウント・シロオニ/@shirooni_mで探してみてね〜

シロオニ

SNS投稿・やり方

Canvaでは描いたその場でSNSに投稿できて便利です。Twitterを例に解説いたします。

CanvaのTwitter投稿のやり方・1
1.画面右上の共有SNSでシェアをタップ
CanvaのTwitter投稿のやり方・2
2. Twitterのアイコンをタップ
CanvaのTwitter投稿のやり方・3
3. Twitterに紐付けるをタップ
CanvaのTwitter投稿のやり方・4
4. 連携アプリを認証をタップ
CanvaのTwitter投稿/CanvaPro予約投稿のやり方
5.ツイート文を作るり直ぐに投稿する場合は①をタップで投稿完了!(②は予約投稿/有料)
CanvaのTwitter投稿のやり方・完成
6. Twitterに投稿できました!

コンテンツプランナー[予約投稿]

Canvaでは予約投稿ができる『コンテンツプランナー』という機能があります。次に予約投稿のやり方を解説いたします。

先ほど、 Twitterの文書を打ち込んだ後の手順です。

CanvaのTwitter投稿/CanvaPro予約投稿のやり方
1.右端の②をタップ
Canva ProのTwitter予約投稿のやり方・2の公開予定をスケジュール
2.(予約投稿する場合)①②で日付を入力、③完了タップ
Canva ProのTwitter予約投稿のやり方・3
3.スケージュールをタップ
Canva ProのTwitter予約投稿のやり方・4
4.スケジュール完了!
コンテンツランナーをタップすればスケジューリングが確かめられます
Canva ProのTwitter予約投稿のやり方・5(コンテンツプランナー)
5.コンテンツプランナーのスケジューリング(過去投稿分も確認可)
シロオニ

予約投稿はまとめて作っておくことができるのでとっても便利!
イラストを書き留めておくことができるので、シロオニはよく利用してるよ〜

でも予約投稿(コンテンツプランナー)はCanvaの有料版・Canva Proでしか使えないんだ

Canva Proとは?

出典:Canva

Canvaの有料プランはCanna Proと言います。
月単位or年単位で利用できるサブスクです。
Canna ProではSNSに予約投稿できる他、さまざまなメリットがあります。

Canva Proのメリット

背景リムーバー

出典:Canva


なんと!クリックで写真背景が削除できてしまう機能。DTP制作・写真の合成・遺影や証明写真などに使えます!

背景リムーバーについては以下の記事の中でご紹介しています。

背景リムーバーレビュー記事
Canvaの写真切り抜き機能、背景リムーバーで背景を削除&アレンジ
Canvaは写真切り抜きの神!フォトショップの代わりにも◎

こんな悩みをお持ちの方 写真切り抜きに時間がかかる‥ 写真切り抜きが綺麗に出来ない‥ 写真切り抜きにストレスを感じている‥ 神ツールへ飛ぶ 神✨と言っちゃってますが、あくまでオニの個人的 ...

テンプレート

出典:Canva

テンプレート(既成デザイン)は無料版のCanvaでも利用できます。しかし数は限られています。Canva Proではより豊富にテンプレートが用意されています。

昨今Canvaを利用する人が増えてきており、ネット・SNS上で画像が被っているものを見かけることがあります。無料の画像を使用していると、被る確率が高くなります。Canva Proのより多い数のテンプレートによってその確率を低くできます。

プレミアム動画

出典:Canva

SNSの流行は Twitter・facebook文字から始まり、Instagram画像、インスタ映えというワードも流行りました。

そして現在、SNSの主流はTik Tok動画に移ってきています。Instagramもそれに対抗するかのように動画機能が充実してきています。その動画作成Canva Proプレミアム動画機能で簡単に作ることが可能です。

SNSへの投稿スケジュールを設定

出典:Canva

SNSへの投稿スケジュールを設定とは、先ほど解説させていただいたSNSの予約機能のことです。SNSと連携していることで、スマホやパソコン本体に保存しなくて済むのも便利です。

他にもいろいろな機能がCanva Proには搭載されています。

Canva Proのデメリット

Canva Proのデメリットは、料金が有料ということです。

単位のお支払い単位のお支払い
1,500円12,000円
(月単位より33%お得)

料金は月額プランは1,500円
年間払いプランだと12,000円。→月々に換算すると、1,200円/月。
月額プランより300円/月(3,600円/年)33%お得です。

Canva【描画機能】の通知表

Canva【描画機能】3点

Canva【描画機能】のいいとこ✨

  • サラッとツルッと書ける
  • 簡単な文字やイラスト向き
  • SNSと連結されているので投稿がスムーズ
  • 描くのに困ったらテンプレート(既成デザイン)が使える!

Canva【描画機能】ここが惜しい!

  • SNS投稿予約機能が使えない
  • 写真の背景切り抜きができない
  • 使用できるテンプレートが少ない
  • 細かいイラストデッサンリアル漫画絵には向いてない
  • 色の塗り重ねなら問題ないけど、線の内側に色を塗るのは難しい
シロオニ

以上がCanva【描画機能】の率直な感想でした
オニはCanvaの有料版・Canva Proを使っています
Canva Proを体験した感想もレビューいたします✨

Canva Pro【描画機能】4点

シロオニ

Canva Pro【描画機能】書き心地

  • 無料版と同じ

使える機能が無料版以上⤴︎

  • 写真を使う場合、背景リムーバーで不要な背景を消去できる!
  • 【描画機能】で仕上げた画像とSNS連結予約投稿できる!
    (8つのSNSに予約可→ Twitter・Instagram・Pinterest・facebookなど)
  • Twitteアプリはスマホからの予約投稿NGだけど
    Canva Proならスマホから予約投稿OK
  • 無料版より多いテンプレートの数と種類の豊富さ

Canva Pro【描画機能】の惜しいところ

  • 有料のサブスク
  • 無料版と同じ書き心地

Canva Proのコンセプトは、誰でもデザインができる機能
デザインを専門的に学んでいない人・デザインが苦手な人‥どんな人でもデザインができることを目指して作られた、初心者にピッタリなサブスクなんです。

オニは当初、Canva Proって良さそうだけど有料だし‥購入したけど思ったのと違った‥なんてことになりたくないなぁという抵抗感がありました。
でも調べてみると、Canva Proではお試しとして無料トライアル期間(30日間)が付いていたんです。
Canva Proは近年スタートしたばかりのサブスク。多くの人に利用してもらうために、無料トライアルが設けられていると思われます。
利用者数はこれからどんどん増えていくと思います。もしかして無料トライアルは今後期間が減少されるのでは‥?
と、勝手にそんな心配をしてCanva Pro無料トライアルを試してみました。
結果無料期間を過ぎた今も使っています(笑)

デザインに興味があるすべての人に、Canva Pro無料トライアルをおすすめします。

\✨テンプレ数はCanvaの500倍以上✨/

Canva Pro


-Canva